0570-064-464

0570-064-464

menu

資料請求

資格取得・通信教育

説明会 online
0570-064-464

0570-064-464

平日 9:30〜20:00 | 土祝 10:00〜19:00 | 日 10:00〜18:00

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験

※メンタルヘルス・マネジメント®検定試験は、大阪商工会議所の登録商標です。

求められる理由

社会の変動により、労働者の受けるストレスは拡大する傾向にあります。仕事に関して強いストレスを感じる労働者は多数にのぼり、精神障害等労災請求人数も増加傾向にあります。心の健康問題が、労働者、家族、事業場や社会に与える影響も大きくなっています。政府もこの問題を重要視しており、厚生労働省が、2015年12月から従業員数50人以上の事業場に対し、メンタル不調の未然防止を目的として、年1回のストレスチェックを義務化しています。心の健康づくりは、労働者自身がストレスに気づき対処することが必要ですが、職場に存在するストレス要因は、労働者自身の力だけでは取り除くことは困難です。特に企業の管理職の方にとって、メンタルヘルスに関する知識を習得することで、部下のメンタルヘルス不調にいち早く気づき適切な対応を行うことができるようになります。このように、職場の環境改善も含め、事業者による心の健康づくりに積極的推進が重要となっています。
メンタルヘルス・マネジメント®検定試験では、このような職場の健康づくりの推進に関する必須の知識を学ぶことができ、まさに、時代が求める必須の資格といえます。

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験Ⅱ種(ラインケアコース)

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験Ⅱ種(ラインケアコース)では、主に企業の人事・労務担当者や管理職を対象として、部下への配慮や相談対応など、管理・監督する職場環境をメンタルヘルスの視点から改善する方法を学びます。Ⅱ種ラインケアコースの合格率は、70%を超えることは少なく、概ね50%〜60%を推移しています。ラインケアコースの到達目標は、「部下が不調に陥らないよう普段から配慮するとともに、部下に不調が見受けられた場合には、安全配慮義務に則った対応を行うことができる」です。各コースの内容は、厚生労働省策定の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を参考に構築されています。合格には、公式テキストの内容と、それを理解した上での応用力が問われ、公式テキストに掲載されている統計調査の直近の数値も確認が必要です。また、図表や資料の内容が単独の問題として出題される例も複数あります。合格講座で公式テキストの内容をしっかり理解したうえで、過去問にチャレンジするか、過去問を解いた上で、合格講座でまんべんなく理解を促進させるとより効果的な学習ができます。

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験の詳細については、主催団体である大阪商工会議所のHPにてご確認下さい。

試験について-メンタルヘルス・マネジメント®検定試験(外部サイト)
対象者
管理監督者(管理職)
目的
部門内、上司としての部下のメンタルヘルス対策の推進
到達目標
部下が不調に陥らないよう普段から配慮するとともに、部下に不調が見受けられた場合には安全配慮義務に則った対応を行うことができる。
出題内容
  • ①メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割
  • ②ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
  • ③職場環境等の評価および改善の方法
  • ④個々の労働者への配慮
  • ⑤労働者からの相談への対応 ※話の聴き方、情報提供および助言の方法等
  • ⑥社内外資源との連携
  • ⑦心の健康問題をもつ復職者への支援の方法
問題構成
選択問題
配点
100点
合格基準
70点以上の得点

試験合格の秘訣

ポイント①手を広げすぎず、重要事項を反復
試験範囲における重要分野の2割から出題の8割を占める、というのが受験界の定説です(2:8の法則)。全てを暗記する、あれこれ手を出す……というやり方ではどの知識も中途半端で身につきません。公式テキストと講師の解説に従い重要なポイントを、何度も何度も繰り返す学習を心がけましょう。
ポイント②章ごとに理解する全体像を把握してから、重要ポイントを押さえる!
章、節には、多くの情報が掲載されています。それらを、漠然と読んでいても印象には残りません。学習する前には、章、節で理解することを確認してから、読み解いていくと記憶に残りやすいでしょう。
ポイント③重複する内容を整理する!
章、節をまたいで、重複する内容がでてきますが、まったく同じ内容が多くありますので、再度覚える必要のない内容であるかを整理すると、記憶内容を軽減できます!

LECの通信講座の特長

ポイント①プロフェッショナルによる解説講義!
メンタルヘルスやコミュニケーションに関する知識は当然のこと、心理学・カウンセリングの理論と実践、キャリアコンサルティング技法、企業の人材育成の実務等、幅広い知識を供え、実務も熟知し、しかも講義経験も豊富な「プロフェッショナル講師」が学習内容を解説します。
ポイント②重要事項を10時間で一気に整理!
一人で本を読んで学習する方法(独学)ですと、知らない言葉の意味の理解に苦しんで先に進めなかったり、あるテーマと別のテーマの重要な関連性を見落としたり、間違った理解のまま進んでしまったり・・・と、時間のかかる割りに成果が出ないことがあります。試験を知り尽くした講師が知識の核(合格の土台)となる重要項目をわかり易く短時間で一気に整理するので、合格までの道のりを大幅にショートカットできます。
ポイント③「いつでも」「どこでも」「何度でも」学習可能!
LECの通信WEB講座は、パソコン、スマートフォン、音声のダウンロード機能によって視聴することが可能です。自宅の落ち着いた環境で、通勤電車で、運転中も音声で・・・「いつでも」「どこでも」「何度でも」、スキマ時間も就寝前も、勉強時間を作ることができます。
ポイント④その場で、声に出して読みながら、理解する、覚える!
試験には、公式テキストの文章がそのまま出題となる箇所も多くありますので、講師がテキストを読む箇所は丁寧にその場で、声に出して読みながら記憶します。五感を使って脳に印象付けることが重要です。

担当講師の紹介

内藤 友子 講師
内藤 友子 講師
キャリア・メンタルヘルス・コミュニケーション分野を中心に企業の人材教育コンサルタントを務め、個別支援では、精神科クリニックリワーク施設にて、復職支援カウンセリングを行っている。
特定非営利活動法人キャリア・インディペンデンス代表理事
キャリアコンサルタント・キャリアコンサルティング
国家資格キャリアコンサルタント・キャリアコンサルティング技能検定1級・2級対策講座講師
保有資格
メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種マスター
公認心理師
精神保健福祉士・ストレスチェック実施者
1級キャリアコンサルティング技能士
第一種衛生管理者
著書
JR脱線事故からの生還 キャリアカウンセラーが綴った再生の日々(2007年)
精神障がい者のための就労支援(2012年、2017年)
1級キャリアコンサルティング技能検定 合格本(2017年)
1級キャリアコンサルティング技能検定 合格テキスト(2018年)
2級キャリアコンサルティング技能検定 合格テキスト(2018年)

使用教材(別売)

講義における使用教材として「メンタルヘルス・マネジメント®検定試験公式テキストⅡ種(ラインケアコース)第4版」(中央経済社刊)を用います。
講座受講者は、必ず、上記書籍を、別途お買い求め下さい。
公式テキストの詳細については検定試験主催団体である大阪商工会議所HPをご確認下さい。

公式テキストについて-メンタルヘルス・マネジメント®検定試験(外部サイト)

(公式テキストについてはLECでのお取り扱いはありません。)

受講価格

Ⅱ種 合格講座
受講形態 8%税込価格 10%税込価格 講座コード
通信 Web・音声ダウンロード 25,000円 25,460円 XB19150

PAGE TOP